ハタチの大学生が送る日々の出来事や考える事に関する記述。パスワードはテキトーにいれてください。


by d_generation_x
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

21年と5ヶ月目「自分進化論」

 最近、周りがイロイロと騒がしくなってきた。でもおれは勝手に自分のペースでやらせてもらうぜ。


 ずっと自分のことを器用だと思っていた。自分はけっこうなんでも割とうまくやっちゃうほうだと思ってた。でも、本当はかなり不器用だったってことにやっと気付いた。
俺の見境の無い太刀で何人の心を傷付けたんだろう。自分の安いプライドを守るために作った壁で、どれだけの人をハネ飛ばしてしまったのだろうか。


 ほんとうに、近頃、うまくいかない事ばかりだけど。この際、自分の安いプライド、俺の炎を燃え上がらせてくれないような使えないプライドは、捨てられるだけ捨てて行こうと思う。

 
 捨てるだけ捨てて軽くなった心身を駆使し、昨日までの自分が躊躇していたその先へ、一歩先へ進む。ほんの些細な事からでかい事まで、自分のフロンティアを開拓して行こう。


 自分の価値観すら足下からグラグラと揺らぎ、どこに行けばいいか迷いに迷ってしまっている時にでも、 過去の自分にできなかったこと、躊躇してしまったことのすべてが、目指すべく道を照らし出してくれているように思えるんだ。

 一歩先へ。



 世界が広がれば広がるほど、ものさしが増えていって、何を使えばいいか分からなくなって。自分自身もふわふわと浮いてきちゃって、結果、相対主義と懐疑主義に犯される。

 でも、それでも、確かに地に足が着いてた時ってのは過去に必ずあって、その時に立ち返りながら、進んで行こうと思うし、進んでいける気がするんだ。

 困ったら「力の一撃」を使っていいぜ。



 理想を捨てて自然と一体化しろだって?冗談じゃねぇよ。理想があるからこそ面白いよ。

 理想を追いかけながら、クソな自分に吐き気を催しながらでも、その瞬間に輝く隙はあるばずだ。面白いじゃん。明確なゴールもなく終わりもない進化ってやつを歓迎しようじゃないか。



今はこんな感じだ。七転び八起き上等だぜ!当分の間はこれで行く。


21年と5ヶ月目。自分進化論。
[PR]
by d_generation_x | 2006-12-04 04:39